2人分に小松菜ひと袋を使った栄養豊富な最強麻婆豆腐

主菜低FODMAPレシピ最強のレシピ集
この記事は約3分で読めます。

味の濃い食べ物は野菜をたくさん食べるチャンスでもあります!

今回は2人分の麻婆豆腐に小松菜をひと袋使ってみました

やや中華あんかけよりの仕上がりにはなりましたが、美味しくできます!

スポンサーリンク

最強たるゆえん

麻婆豆腐は美味しいですが、何が最強なのか?という話です

栄養豊富な小松菜をまるごとひと袋使用する

小松菜は日本でよく食べられる野菜の中でも栄養豊富なものの一つです

カリウムやビタミンA、食物繊維の量そのものはほうれん草に及びませんが、

ほうれん草には少ないカルシウムやビタミンCが豊富に含まれます

 

全体的な栄養素のバランスがよく、価格も安いので使いやすいのもいいところ

ちなみにひと袋でおよそ200gです

木綿豆腐はタンパク質、カルシウム、マグネシウムが豊富

木綿豆腐は絹ごしに比べて水分が少なく、全体的に栄養価が優れています

中でも不足しがちなタンパク質、カルシウム、マグネシウムが豊富でございます

マグネシウムは300種類もの酵素に欠かせないと言われております

 

大豆製品の中では低FODMAPで、お腹に優しいのもよいところ

小松菜入り麻婆豆腐の材料(2人前)

  • 豚ひき肉     150g
  • 木綿豆腐     一丁(350g)
  • 小松菜      ひと袋(200g)
  • 調味料A
    • 味噌    大さじ2
    • みりん   大さじ1
    • 酒     大さじ1
    • 醤油    大さじ1
  • 調味料B
    • だし汁   150cc(顆粒だし小さじ1弱)
    • 七味唐辛子 大さじ1(一味なら小さじ1)
  • 水溶き片栗粉  適量
  • フォアジャオ(花椒)

定番の材料でさっと作れます

甜麺醤とかがあるとよりよいのですが、余らせちゃいますしね…

でもフォアジャオは入れていただきたい!

作り方

ひき肉を炒める(中火)

肉に火が通り、肉汁が透明になるまで炒めます

そんなに濁った肉汁が出てきたこと無いですけどね

味噌・みりん・酒・醤油を加えて炒める

油がはねやすいので危ないなーと思ったら火を弱めてOKです

ざっくり全体に調味料が回って、水気が飛ぶまで炒めます

豆腐・だし汁・七味唐辛子を加える

今回は一味唐辛子で作っていますが、七味のほうが風味がよい気がします

木綿豆腐は崩れにくいので下茹でもせずに入れております

小松菜をざく切りにして加える

小松菜をざく切りにして一緒に煮込んでいきます

入れた直後は鍋いっぱいですがすぐに縮みますのでご安心を。

小松菜は下茹で要らないので楽でいいですねー

水溶き片栗粉でとろみを加えたら完成!

お好みでフォアジャオや黒胡椒を加えるとより本格的です

コメント

タイトルとURLをコピーしました