ニンジンとほうれん草のボロネーゼ

一品完結(丼・麺類) 低FODMAPレシピ 最強のレシピ集
この記事は約3分で読めます。

野菜や手順を極力シンプルにしたボロネーゼのご紹介です

2人前にほうれん草をひと袋入れることで栄養的にもバッチリ

一皿でおおよそ一日分のビタミンAを摂ることが出来ます!

 

今回はトマト感おさえめです

トマト感がほしい方はトマトピューレやジュースを少し加えましょう

 

追記:パスタを工夫すれば低FODMAP対応できます!

スポンサーリンク

最強たるゆえん

栄養豊富なほうれん草をひと袋つかう

ほうれん草に多く含まれるビタミンAは脂溶性で、油系の料理だと吸収率が上がります

豚肉やチーズでややハイカロリーなボロネーゼですが、

ほうれん草のエグ味が気になりにくく、たくさん食べるチャンスでもあります!

材料(2人前)

  • 牛豚合い挽きミンチ  200~250g
  • ニンジン       1本
  • ほうれん草      ひと袋(180g)
  • 赤ワイン       100cc
  • オリーブオイル    大さじ1
  • ケチャップ      大さじ5
  • ウスターソース    大さじ1
  • 塩コショウ      少々
  • パルメザンチーズ   お好み
  • 粗挽き黒こしょう   お好み
  • パスタ        お好み

作り方

ニンジンをみじん切りにして炒める(中火)

ニンジンをみじん切りにして、オリーブオイルと塩コショウで炒めます

柔らかく、ちょっと食べてみて甘みを感じるくらいになればOKです

一旦フライパンから出して、別の容器に控えておきます

肉を焼く。あまりほぐしすぎないように(中火)

同じフライパンで肉を焼いていきます

あまりほぐしすぎないほうが肉感があっていいかもしれません

(ちょっとこの写真はほぐしてなさすぎかも)

ニンジンを戻し、赤ワインを加えて煮込む(弱火~中火)

ニンジンをフライパンに戻し、赤ワインを加えます

水分が飛んでくるまで煮詰めていきます

鍋底についた肉の油や焦げをこそぎ落とすのもポイント

ほうれん草を切って、アク抜きしておく

ほうれん草を3~4等分に切って、水につけて数分おきます

ほうれん草を加えて煮込む

火を通すとカサが減るのでご心配なさらず

ケチャップとソースを加えて煮絡める

ケチャップとソースを加えて煮絡めます

ほうれん草もかなり縮みましたね

この状態で2,3日くらいは冷蔵庫で持ちそうです

パスタと絡めて完成!

茹でたパスタにからめて、チーズとコショウを振りかけたら完成です!

バター入れるのもいいかもしれませんね

コメント

タイトルとURLをコピーしました