約20種類の栄養をシミュレーションできる「ごはんシミュレーター」はじめました

健康について学ぶ厚生労働省から学ぶ栄養

ごはんシミュレーターはこちら

  • スマホでカンタンに操作できて、
  • アカウント登録やアプリインストールも不要で、
  • 入力した年齢や身長などの情報をもとに栄養バランスを確認できる

そんなツールです。

スポンサーリンク

機能のご紹介

実際の動作画面とともに今の機能をご紹介します

身長や体重などの情報をもとに必要な栄養を推定

まず生年月日や性別、身長や体重、運動習慣を入力してください。その情報をもとに、一日に必要なカロリーや各種栄養素を推定します。定番の3大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)に、代表的なビタミンやミネラルを加えて、約20種類の栄養素に対応しています

一日に必要な栄養素の計算は、食事摂取基準(2020年版)に基づいて計算しています

 

 

今日の献立で使う食材を探す

次に、「食材を探す」から今日の献立で使う食材を探します。検索フォームにキーワードを入力すれば、リアルタイムで検索結果を表示します。食材を選んだら、今日の献立にどれくらい使うかを入力します

 

栄養素のバランスをチェックする

今日の献立で使う食品をいくつか追加すると、シミュレーター画面にも変化があります。あなたに必要な栄養素のうち、入力した食品たちでどれくらいカバーできるかを計算してグラフにします。

入力した食品で何食も作る場合は、1食分あたりの計算をすることもできます

 

今後の展望

なにぶん一人でやっていることなので、実装できていない機能がまだまだあります。例えば…

  • あいまい検索への対応
    • 今はひらがなとカタカナも区別しています…
  • 入力した食材リストのお気に入り登録、傾向分析
  • 不足している栄養素に対応した食材のおすすめ
  • 食材の量をグラムではなく目分量で入力する

などなど、これから少しずつ改善していきます。感想や要望がございましたら本記事のコメントでも問い合わせフォームでもどこでも構いませんのでお送りください。必ずお応えできるとは限りませんが…

なお、そのうち広告も入れる予定です。サーバー維持費もありますので

ということで改めて、「ごはんシミュレーター」をよろしくお願いします!

ごはんシミュレーターはこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました