パスタ+サラダランチは健康的そうに見えて落とし穴があるという話

雑記
この記事は約2分で読めます。

コロナウィルスの影響で在宅ワークになりまして、自宅で昼食を食べることが多くなりました

ただ短い昼休みで凝ったものは作れないので、パスタを使いがちになっております

スポンサーリンク

本日の献立

パスタに市販のソースを掛けただけのもの

  • パスタ:100g
  • 市販のパスタソース(カルボナーラ)

水菜とミニトマトのサラダ

野菜の量的には200gくらいでしょうか

  • 水菜:一株
  • サラダほうれん草:少し
  • ミニトマト:数個

一食の栄養バランス

[radarchart_format i_protein=’20.1′ i_fat=’24.8′ i_carb=’93.74′ i_veg=’200′]

世の中のサラダランチには2つ落とし穴があると思っています

野菜の量が圧倒的に少ない

今回の私のように大きなボウルに盛るほどの野菜がついてくるお店は稀かと思います

大抵の場合は小鉢程度ですし、水分が多いレタスがメインなので栄養的にはあまり期待できないところ

脂質・糖質が多い割にタンパク質が少ない

パスタソースは基本的に脂質が多いです(特にチーズやオイルベースだと具材も少なくなおさら)

今回は市販のソースを使ったのでその傾向がより強いですね

スープパスタ系なら比較的マシかもしれませんが…

まとめ:世の中のパスタランチはそんなに健康的ではない

野菜やタンパク源をしっかり使うと原価が跳ね上がるので仕方ないでしょうねー

自宅で食べる際は低脂質なタンパク源を追加してバランスを取りたいところ

平日用にパスタソースを作ってみるか…

コメント

タイトルとURLをコピーしました