食物繊維を摂りまくる切り干し大根

最強のレシピ集
この記事は約2分で読めます。

食物繊維が大事だという話はひじきの煮物記事でも触れましたが、やっぱり私はひじきあんまり好きじゃないんですよね…

ということでひじきに次ぐ食物繊維源として、切り干し大根をご紹介します

 

食物繊維が多い野菜リストより、乾物界隈ではそれほど食物繊維が多くないように見えますが、切り干し大根は水で戻したときの倍率が低めです(ひじきは8倍、切り干し大根は4倍)

なので、今回紹介する小鉢大盛り程度の量でおよそ4g程度の食物繊維が摂れます!

ひじきのヒ素のようなリスクが少ないので取り入れやすいですねー

 

ただし、水で戻したりダシで煮たりする工程に時間がかかりやすいので、level3においてます

無理に作らずとも、惣菜やパックのものを買ってきても良いのではないでしょうか

スポンサーリンク

材料(4食分)

  • 具材
    • 切り干し大根:60g
    • にんじん:1本
    • 厚揚げ:1枚(150g)
  • 調味料
    • ダシ:600cc(水600cc + 顆粒だし小さじ2)
    • みりん:大さじ4
    • しょうゆ:大さじ4

作り方

①切り干し大根を水で戻す(30分)

大根の戻し率はおよそ4倍ですので、60gなら400cc程度少なくとも水を入れましょう

ほぐしつつ、汚れを落としましょう

②ニンジンを千切りにする

ニンジンを1/3に切った後に千切りにしています

割と長めに煮ますので、多少雑でも火は通るかと思います

③厚揚げを細く切る

油揚げより厚揚げのほうが脂質が少なめでございます

上下左右に4つに切った後に、細切りにするといい感じになるかと思います

④材料をすべてフライパンに入れ、煮詰めて完成(15~20分)

汁気が1/2程度になるまで煮るのが目安です

 

この手の副菜は時間がかかりますねー今更ながら親に感謝です

コメント

タイトルとURLをコピーしました