夏野菜をモリモリ食べるラタトゥイユ

最強のレシピ集
この記事は約2分で読めます。

いつも野菜スープだと飽きが来るので、野菜をたくさん食べるレシピはレパートリーを持っておきたいところ

ということで、ナスやパプリカ、ズッキーニ等の夏野菜をメインに使ったラタトゥイユを作ります

ミネストローネと作り方は変わりませんので簡単

 

ちなみにラタトゥイユとは…

フランス南部プロヴァンス地方、ニースの郷土料理で夏野菜の煮込みである。玉ねぎナスピーマンズッキーニといった夏野菜をにんにくオリーブ油で炒め、トマトを加えて、ローリエオレガノバジルタイムなどの香草ワインで煮て作る。 うまみを出すためにセロリ唐辛子を用いる工夫がある。そのまま食べるか、パンと共に食べる。パスタソースにすることもある。(wikipedia)

スポンサーリンク

材料(4人分)

  • 具材
    • 豚ミンチ:100g
    • ナス:2本(今回は小さかったので3個)
    • ズッキーニ:1本(同じく小さかったので2個)
    • パプリカ:2個
    • ニンジン:1本
    • カットトマト:1パック
  • 調味料
    • オリーブオイル:大さじ1
    • 塩コショウ:適量
  • あると嬉しい
    • にんにく ※高FODMAP食材なので無くてもOK
    • ローリエ、黒胡椒などのスパイス
    • パルメザンチーズ

作り方

①野菜を洗い、大きめのさいの目に切る

なんとなく形が揃えば良いですが、煮込み時間を短縮するならやや小さめに切るのがおすすめ

②オリーブオイルで肉を炒める(弱火~中火)

ニンニクやガーリックオイルがある方はここで使いましょう

コクや風味が出ますので、お腹に自身のある方はぜひ使ってほしいところ

③具材を入れて、全体に塩コショウをまぶして煮立たせる(弱火~中火)

トマトの酸味を飛ばすために一度煮立たせます

塩コショウの塩分で、野菜から水分が出るので水は足しません

④フタをして煮込む(弱火で20分)

弱火なら焦げ付かないとは思いますが、時折かき混ぜると安心

⑤味見しつつ、塩コショウを足す

ちゃんと味見しつつ、好みの濃さになるまで調整していきます

不安なら薄めにしておくと、食べる直前に調整できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました