ご飯にかけても美味しい牛肉のしぐれ煮

最強のレシピ集

一時期発がん性があるとかで悪者にされがちな赤身肉ですが、高温で焼かなければリスクは低くできるようです

野菜と同じく肉も多様性が大事なので、牛肉もたまには食べたいところです

ちなみに牛肉には亜鉛や鉄分が豊富に含まれます(鶏肉にはあまりない

 

ということで常備できて、豆腐やご飯にかけても美味しい牛肉のしぐれ煮を作ってみました

スポンサーリンク

材料(4食分)

  • 具材
    • 牛切り落とし(肩):200g
    • ショウガ:30g (チューブなら10~15cm分程度)
  • 調味料
    • 醤油:大さじ2
    • みりん:大さじ5
    • 酒:大さじ2

牛肉は和牛と輸入で脂質量がだいぶ違うのですが、今回は輸入(オーストラリア産)でした

安いし脂質が少ないのでこれで十分です

作り方

①ショウガを洗い、みじん切りにする

チューブを使う方は省略してOKです

②ショウガと調味料をフライパンで煮立たせる(中火)

酒やみりんをたくさん使うので、しっかり煮立たせてアルコール分を蒸発させます

③肉を入れて水気がなくなるまで煮詰める(弱火~中火で10~15分)

煮詰める前はこんな感じ

牛肉って色だけで美味しそうですね

鍋底が見えてくるくらい煮詰まってきたら完成です!

 

おまけ:ご飯と卵をあわせて自作牛丼はどうでしょう

  • エネルギー:482kcal
  • タンパク質:20.4g
  • 脂質:12.4g
  • 糖質:62g

すき家が牛丼のPFCバランスをアピールしていた時期がありますが、たしかに牛丼は悪くないんですよね

野菜がほぼないのがイマイチですが

コメント

タイトルとURLをコピーしました