簡単で通っぽい和食、レンコンのすり流し

低FODMAPレシピ

レンコンのすり流し

こんにちは、nosaです

「和食が作れます!」と言うと玄人っぽい感じしませんか?

私はします

 

そこで超簡単な和食で、かつ若干マイナーで通らしさがでる「すり流し」を作ってみました!

 

スポンサーリンク

すり流しとは?

擂り流し(すりながし)は日本料理で、魚介類や、枝豆銀杏豆腐などを、よく擂り潰し、だしでのばして汁物にしたもの

※wikipedia

レンコンに限らず、すりおろせるものなら何でも良いようです

今回は、レンコンとショウガを使って体があたたまる汁物にしてみたいと思います

 

材料 (4人分)

  • レンコン:200g
    • 酢(あれば):大さじ2
  • ショウガ:25g
  • 薬味類(あれば)
    • 大葉
    • わけぎ(の緑色部分)
  • 顆粒だし:大さじ1
  • 味噌:小さじ1
  • 水:600ml

 

マクロ栄養素と食物繊維バランス (1人前)

  • エネルギー:40kcal
  • タンパク質:1.2g
  • 脂質:0.1g
  • 炭水化物:8.7g
  • 食物繊維:1.2g

野菜オンリーの汁物なので全体的に栄養価は多くありません

(食物繊維は若干多いですが)

さらっと飲めるのでプラス一品としてどうぞ!

 

作り方

レンコンの皮を剥き、酢水に3分つけておく

酢水につけることで、レンコンが酸化で変色するのを防ぐそうです

(もう少しきれいに皮を取ればよかった…)

 

レンコンとショウガをすりおろす

口触りを良くするには細かく擦れるおろし器が良いようです

また、金属のおろし金だとレンコンが酸化しやすいとか

今回はフツーのおろし金でやったので粗めです

 

沸騰させた水600mlにすりおろしたレンコンとショウガを入れて弱火で温める

(ショウガは半分くらい細切りにしてしまいました)

 

顆粒だし、みそを加えてひと煮立ちさせる

器に移し、薬味を加えて完成!

基本的にすりおろして温めるだけなので非常に簡単です!

少し胃腸がつかれた時なんかに良いでしょうねー

 

皮むきが酢水につけるのが若干甘かったせいで見た目が汚くなってしまいました…

リベンジしたいですね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました